土地測量3

隣接地の所有者とのあいだで土地の境界についての認識が一致しない場合には、筆界特定制度によって測量を行ってそれを特定することもできます。しかし、この制度には法的に問題を解消できるというメリットもあれば、判定に納得がいかないケースもあるというデメリットも考えられます。けれども、それ以外の方法としては境界確定訴訟によって問題を解決するしかなく、そこまでことを大きくしたくないといった理由から、こちらの制度を活用するケースもあるのです。

まず、筆界特定制度のメリットを考えるならば、裁判よりも短期間で決着しますし、弁護士報酬が不要である点などがあげられます。やはり、訴訟となるとそのための準備や費用などが必要になることになります。それよりも簡単にできるという利点があるのです。また、対立する両者の意見を戦わせるというよりも、間に入って問題の解決を図るといった制度になるので、互いに感情的なしこりを残さないような内容になっている点についてもメリットだと言えるでしょう。

一方で、デメリットについて考えるならば、筆界特定制度の測量によって定められた境界について納得ができなかった場合には、次は訴訟を起こすしかないといったことも考えられる点があげられるでしょう。そうなると、またはじめからから仕切りなおしになってしまうのです。ほかにも、申請人については費用がかかるという点についても頭に入れておく必要があるでしょう。そして、この制度というのは、所有権に関する境界とたいていは一致しますが、なかには一致しないケースもあることを知っておきましょう。






ダイレクトメールなどで保険についての保険通販が当たり前のようにあるようになってきたようです。いろいろな規模のいろいろな種類の保険代理店がネットでの医療保険やガン保険を調べましょう。インターネット保険や共済で保険選びは常識です。それが保険選びのキモです。-