土地測量2

土地の境界について隣接地の所有者との間だで係争になってしまった場合には、筆界特定制度というものを利用することもできます。これは法務局によって調査と測量が行われ、公法上の地番と地番の境界を確定するものになります。ただし、所有権による境界とは必ずしも一致するとは限りません。いくつかの段階があり、筆界調査委員と法務局職員、そして申請人や対立する関係人が立会いをする場面もでてきます。そのなかで、双方が承諾できる内容になるような調停を行なっていくことになるのです。特定に至るまでには時間を要することになります。

まず申請人からの要請を筆界特定登記官が受理することによって、その問題を担当する法務局職員と土地家屋調査士の有資格者である筆界調査委員が指定されます。その2者によって現況等把握調査が行われ、申請内容が確認されることになります。このときに測量にかかる費用などの見積りも行います。それから、申請人と対立する関係人の立会いのもとで、問題となっている点についての特定調査として聞き取り作業が行なわれることになるのです。

それを経て、測量実施者によって具体的な数値を測っていくことになります。その作業のときにも、筆界調査委員と法務局職員が立ち会うことになります。1回で終わるとは限らずに、複数回にわたって実施されることもあります。ここから作成した資料をもとに、今度はテーブルについての意見聴取の段階になります。関係者が一同に会するケースもありますが、申請人と対立する関係人が個別に意見聴取を受けることもあります。この段階を経て、公法上の境界が特定されることになるのです。






自分の選択した保険の評判はどう伝わっているでしょう。保険や保険会社を検討するに際してどんな関係の人に相談をするのでしょうか。生命保険を見直すには何のため生命保険かを間違えないということです。かんぽ保険の評判を考えますか。苦労する問題です。-