土地測量1

土地を所有するときには、永久境界杭、隣接地の所有者との承諾書などを準備するための境界確定測量をしておくようにしましょう。写真や図面、正確な数値がわかる地積測量図などを作っておくことで、後々のトラブルを防ぐことができるようになるのです。何もしないで放っておくとデメリットのほうが大きいのだと考えていいでしょう。安心してそこに住んだり、近所付き合いを続けていくためにも、まずは正確な数値によって確認しておいたほうがいいのです。

この土地境界確定測量のメリットとしてあげられるのは、自分が所有できる範囲を法律的にも科学的にも証明できるという点にあります。仮に係争が起きたとしても、根拠となるのに十分な証拠を揃えることが可能になるのです。また、塀やフェンスを設置するときでも、隣接地とのトラブルが起きにくくなるという利点もあります。それから、樹木の越境問題などに対しても、自分の権利を主張することもできるでしょう。売却の際にも明確な値段を付けることができます。

一方で、土地境界確定測量をしないままでいるデメリットとしては、役所の記録と実際の大きさや形状が異なっていることがある点についてあげることができるでしょう。そのため、自分の所有する範囲が不明確で、権利を主張したり、売買をするときに不都合が生じることになります。そして、樹木の越境問題が生じることが多く、フェンスや塀を設置するときでも、隣接地の所有者との間で位置についてトラブルになってしまうことも考えられるのです。






生命保険はとても難しいと言われます。でも保険はそもそも何で必要なのかと考えます。インターネット生保のコマーシャルも増えています。さて突然病気になって長い入院をしたらどうなるのかまた万が一の事が起きたらどうなるか。万が一の場合には自分や自分の家族はいくら必要なのか。生命保険に入ろうとするのならそこのところを忘れないことです。ネクスティア生命はネット生保です。-