不動産活用2

活用していない不動産を所有している人は、節税と収入源という2つの理由から賃貸にまわしたほうが良いと言えます。とくに、節税をしたいというならば、アパートやマンションなどを建てて賃貸経営をするのがいいでしょう。そうすれば、固定資産税をそれまで払っていた額の6分の1にすることができます。それだけでも大きなメリットだと言えますが、事業として始めるならば収益をあげていかなければいけません。そのためには費用もかかるのだと理解しましょう。

使っていない不動産の活用方法としては、初期費用をかけるほど収益率が高くなり、あまり費用をかけなければ、それだけ収益も低いものになると考えられます。もちろん自己資金やローンなどの予算にもよりますが、あまり余裕がないという人は、固定資産税の節税効果を外して、まずは収入源として活用していくことを優先したほうが良い場合もあります。その候補としてあげられるのが、借地や駐車場にすることになります。初期費用をかけずに賃貸料を得ていくことができます。

一方で、費用をかけて収益性の高い不動産活用を希望するならば、マンションやビル、商業施設の建設をするのがいいでしょう。その場合は、立地条件や周辺環境が重要になります。それに見合わない建物にしてしまうと、高い収益をあげることはできませんし、むしろ事業として失敗して大きな損失を被るリスクもあるのです。そのかわり、成功すれば高い賃料収入を毎月得ていくことも可能になっているというわけです。収益重視か節税重視かを検討しておくことも重要です。






うまく相続対策を解決するためには税についてしっかり方向を考えることです。贈与税と贈与の問題はこのように考えることが大切です。多くの場合相続や生命保険のの問題については不動産を子の名義にしようとするとと苦労する問題でもあります。後悔のないように財産承継を終わらせるには早めに相続税対策をしておけば贈与は役立ち心配するほどではありません。-