資産運用4

資産運用方法として不動産投資を考えているならば、そのメリットとデメリットも知っておくようにしましょう。とくに、注意点についてはきちんと把握しておかないと、ほかの金融商品よりもリスクが低いとは言っても、やはり損をすることも考えられるのです。基本的には、安定した収入が長期的に得られることがメリットとしてあげられますが、それには当然物件選びなどが大きく影響してくるものなのです。その時点で失敗すれば、高い収益性は期待できません。

また、不動産投資はインフレに強いというのもよく言われていることです。世の中の物価が上昇しても、家賃に影響がなければ問題ありませんし、逆に家賃の相場があがれば、収入も増えることになるというわけです。そのほかにも、資産運用方法としては節税対策になるというメリットもあります。とくに自分でマンションなりアパートなりの物件を購入して経営するときには、そのための管理費用などがかかります。それを計上することで税金を安くすることができるというわけです。

そして、金融商品における不動産投資のリスクについては、金利上昇や流動性、価格変動、低稼働といったことなどがあげられます。これらは、そのほかの金融商品についても同じだけのリスクがあると言えますが、マンションやアパートといった建物が投資対象となっている場合は、老朽化による資産価値の低下や、空室率の上昇などが原因で損をしてしまうこともあります。そうならないためには、他のものとの分散投資なども考えておきましょう。






火災共済に自動車共済、そして生命共済。共済には本当にいろいろな商品があります。すべて保障内容が違うしそれは当然です。共済はこのように考えることが重要です。各種の共済は比較をするとその差がよくわかります。-