資産運用3

土地活用と資産運用というのは、セットになっていると考えることもできるでしょう。賃貸住宅を経営したいと考えている人もいれば、リスクを抑えた投資がしたいと考えている人もいるはずです。いずれにしても、不動産をどのように活用していくかが大きなポイントになるからです。所有している物件がある場合は、なにも手をつけていなければ税金がかかるだけになってしまいます。そこで、有効利用をして収入源に変えようというわけなのです。

まず、不動産でリスクを抑えた資産運用がしたいと考えている人は、定期借地などにしてしまうというのも1つの方法です。手放すのではなく、貸し出すことで、契約期間が終了すれば手元に戻ってきます。自分で管理などをする必要がありませんし、そこに建てられた物件の契約終了後の扱いについても、更地にして返してもらうのか、そのまま利用できるようにするかという2つの方法が考えられるのです。また、建物の一部との等価交換といった方法もあるでしょう。

一方で、賃貸住宅を経営したいという人でも、資産運用の方法として、マンションなどを丸ごと購入するやり方と、1部屋単位で所有していく方法、土地から購入して新築を建てるといったやり方が考えられます。費用がかかるほうがよりリスクが高いと言えますが、その分、収益率も期待できます。1部屋単位といった資金もないという人は、ファンドに参加して投資をすることができます。REITやJ-REITといったような商品でそれが可能になっているのです。






医療保険の検討をすることにしたらどのような人と相談をしようとしているのでしょうか。誰と相談するかは気にしましょう。経験者に医療保険の提案をしてもらうのもいいことではないでしようか。-