資産運用2

資産運用方法としての不動産投資は、小口ならばREITなどのファンドに参加することになりますが、自分自身でマンションやアパートを所有するといった方法も考えられます。そのやり方の違いによっても、準備ができる資金によって全棟丸ごと購入するのか、1部屋単位で購入するのかといった方法が考えられます。あるいは、土地探しからはじめて、そこから新築をして入居者を募るといった方法も考えられるのです。いずれの場合も、家賃によって収入を得ていくことになります。

この不動産投資というのは、資産運用のなかでも比較的リスクが少ないものだと言われています。それは、入居者がいるかぎりは、安定した収入源となっていくからです。インフレなどの社会的な要因の影響を受けにくいといった点もメリットとして考えられており、固定資産税や相続税などの税金対策にもなるといったことも考えられます。そのため、老後の年金代わりとして考えているといった人もいるのです。初期費用がかかっても、ローンが完済すれば、あとは家賃収入がすべて自分のものになるからです。

ですから、自分でマンションを購入しても、ファンドなどの小口で投資をしても、家賃収入が自分に入ってくることになるので、長期間の安定した収入源になるというわけです。資産運用の仕方としては、ほかにもいろいろと考えられますが、不動産を対象としたものとしては、こういったインカムゲインを期待するか、売却によるキャピタルゲインを期待するかのどちらかになるのです。地価の上昇などが見込めるならば、売却によって利益をあげるのもいいでしょう。






悩んでそしてじっくりと考えてそして学資保険のことを考えましょう。私立学校を選択するかで保険も変わるでしょう。しっかりとした見積りを検討した決めないと後悔します。それが大切なポイントです。-