資産運用1

不動産による資産運用ということで言えば、投資という方法も忘れてはいけません。最近では年金に対する不安などから、自分で老後の資金を用意したいと考えている人も多くいます。そのなかで、不動産物件というのは、家賃収入によって収益をあげていくことができるリスクの少ない投資先だと考えられているのです。とくに、ほかの金融商品などに比べても、長期的に安定した定収入が得られるということで注目を集めるようになってきたのです。

この不動産投資による資産運用というのは、小口からでもはじめられるというメリットがあります。自分で土地を購入してマンションを建ててというと、かなりの高額な費用が必要になります。その分、借金をして資金を調達して、ローンを組んで家賃収入から返済していくといった方法が一般的ですが、不動産投資ならば1口100万円程度から始めることができます。もちろん、出資した額によって配当額も変わってきますが、誰でも始められるといった点で人気を集めているのです。

ですから、自分で建物を所有するといった余裕がない人でも、資産運用先としてマンションやアパートに投資ができるというわけです。また、その場合は管理や経営といったことも必要がないというメリットも考えられます。小口からはじめられるので初心者でも無理なく参加できますし、老後のための資金としても考えられるのです。大きな費用をかけずにリスクを抑えて投資をしたいと考えている人なども、候補としてチェックしてみるのもいいでしょう。






ずっと前に入った生命保険や死亡保険をよく考え直すにあたって失敗しないためにポイントを置かないといけないことは告知義務違反をしないかを忘れないことです。入院したり病気があったりそんなことがつづいていての生命保険見直しをうまく進めるのは告知義務も検討しましょう。-