賃貸経営4

賃貸経営というのは、今後は個々のニーズにあった物件なども注目されていくようになると言われています。とくにファミリー層のほか、高齢者向けのものなどの注目が高まっているという点についても知っておくようにしましょう。また、若い世代の持ち家率というのは低下しており、賃貸物件で済ませてしまおうと考える人も増えています。そのなかでも、マンションがいいのか、戸建てがいいのかといった違いは依然としてあるのです。

なかでも、戸建ての借家を希望するといったケースでは、自分で新築するわけではなくても、ある程度理想の家を求めているといったケースも考えられます。そういった需要をどう取り込んでいけるかが、大きなポイントになっているのだというわけです。戸建てで言えば、やはり大きな庭やベランダといったものに憧れを抱くといった入居希望者もいるはずです。あるいは、郊外で静かに暮らしたいという人ならば、車の駐車スペースが必須だと考えることもできるでしょう。

そして、借家でもシニア層をターゲットに考えているならば、バリアフリー設計について配慮しておく必要があります。段差などが多い家だと、長いこと住んでいくには不向きだと考える高齢者もいるからです。あるいは、最近では耐震性能などの防災対策なども重視されるようになってきました。オール電化の場合は、電力供給が止まったときなどの対策を考えておく必要があるので、太陽光発電などの設備が大きなアピールポイントになることも考えられます。






意外に便利な生命保険に団体生命保険と呼ばれる保険の入り方があります。グループ扱いの保険や給料引き去りの保険もあります。勤務先が保険会社と一定の契約をしている時に使えます。団体生命保険やグループ保険と呼ばれる保険です。この保険料は給料から差し引かれ会社経由で保険会社に支払われます。保険料を割安に設定されているのが普通です。生命保険を真剣に考えるのなら団体保険を調べてはいかがでしようか。-