賃貸経営3

賃貸経営を続けていくためには、優良な入居者を確保していくことが大切になります。なかには問題を起こしたりする人もいるので、そういったトラブルに巻き込まれないようにするためにも、最初の契約の際にどんな人物なのかを把握しておくことも重要になってくるのです。もちろん、管理会社や不動産会社が仲介することになるので、そういったときにも自分の希望を伝えておき、こういった人は避けたいといったことを知っておいてもらうようにしましょう。

たとえば、勤務先と現住所が遠いという人は、これから長いこと通勤していくことができるのかといった点について明確にしておいたほうがいいでしょう。途中で転職したり退職したりして、家賃が滞ったりする事態は避けなければいけませんし、すぐに引越してしまうような人もよくありません。賃貸経営をしていく最大の目的は、やはり安定した収入源として活用していくことになるので、それができないような入居者は外しておいたほうがいいのです。

ほかにも、借家の入居者として不適切だと考えられるのは、収入が不安定な人です。家賃の払い込みが不規則だったり、何ヶ月かまとめてあとから払い込んできたりといったケースには注意が必要になります。そういったケースでは、緊急連絡先の確認や、保証人の確認をしておくようにしましょう。緊急連絡先には、親や兄弟、あるいは勤務先といったところが書いてあるのが理想です。それ以外になっている人は、どういった関係の人物かを確認しておいたほうがいいのです。






生命保険等の保険をどんな知り合いに相談しますか。このファイナンシャルプランナーの考えについて検討しておけば意外にスムーズに解決したりします。生命保険のファイナンシャルプランナー・FPつまりコンサルティングしてくれる人もいます。コンサルティングがどのようなものかによって問題ない生命保険になるかが決まってしまうでしょう。FPと生命保険を考えましょう。ファイナンシャルプランナー・FPに相談しましょう。-