賃貸経営2

借家の契約には定期と普通といった2つの種類があります。それぞれの違いについて知っておくようにしましょう。とくに大きな違いについては、明け渡しの際の約束事をあげることができます。トラブルの原因にもなることがあるので、最初にきちんと確認しておくことをオススメします。もちろん、貸す側が知っておくだけでなく、借りる側にも内容を把握しておいてもらうことが大切になると言えるでしょう。そうすることでスムーズにことが運ぶようになるはずです。

まず、普通借家の場合は、原則として契約期間がそのまま賃貸期間になります。ただし、借りている側からその延長を希望することができます。その場合では、貸している側が断ることはできません。所有者はあくまで貸している側ですが、借りて住んでいる人に契約更新の権利があるというわけです。ですから、貸す側の都合で追い出したりといったことはできません。そのときには、正当な理由が必要になるというわけです。

一方で、定期借家の場合は、契約期間が賃貸期間となっており、満了となる半年以上前に通知をすることで明け渡しをしてもらうことができます。ただし、半年以上前にその通知をしておかないと、貸した側から明け渡しを強制することはできなくなってしまうのです。ですから、改めて通知をしてから半年後の明け渡しとなります。出ていってもらうための理由は不要となっており、貸している側の都合が優先されることになっているのです。






ガン保険はテレビコマーシャルによく出てきます。ガンのための保険商品でガンを原因として病院で手術や入院等したときに給付金が支払われます。入院や手術の経費についてこれらの給付金で支払い可能です。ガン保険が必要か見てみましょう。-