土地活用3

土地活用方法の決め方としては、まずは計画段階での準備が大切になってくると言えるでしょう。とにかく有効利用しなければ税金を払うばかりで損だと考える人もいますが、いきなり建物を作っても収益をあげられなければ赤字になってしまうのです。ですから、慎重にやり方を選定していって、その立地条件などに見合う計画を立てていくことが重要だと言えるのです。とくに1回建てたならば、すぐに取り壊したりといったことができないものだからです。

そこで、土地活用を考えるときには、自分がどのような目的を持っているかを明確にしておく必要があります。とくに、収入源にしたいと考えている人は、その規模についても具体的にイメージすることになります。それによって候補がいくつかあげられることになるからです。老後の備えであったり、子供の養育費であったり、相続や税金対策といったように、目的は人それぞれのはずです。ですから、それに合わせたプランが必要になるというわけです。

そして、土地活用では、目的に見合った計画をいくつか考えておき、それから立地条件や法律による制約などを見て候補を絞っていくことになります。その段階で、商業地域や住宅地域といったように、行政によってどのような物件を建ててよいのかという制限が付けられていることもあるので、事前に調べておくことになるのです。そこから、収益性が確保できるかどうかといった視点を検討していき、具体的な内容を決めていくことになるのです。






保険ショップでは生命保険を早めに検討を済ませておけば心配するほどではありません。この生命保険コンサルの考えについていかがしますか。どんな関係の人に相談をするのでしょうか。この頃は商店街などで保険見直し本舗が随分一般化しています。ここでの生命保険の生命保険のFPやアドバイザーとして活躍している保険のプロもいます。-